出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




ホーム百句シリーズ > 名人百句シリーズ仁平勝著『永田耕衣の百句』(ながたこういのひゃっく)
書籍詳細

仁平勝著『永田耕衣の百句』(ながたこういのひゃっく)[9784781414928]

販売価格: 1,500円(税別)
(税込: 1,650円)
[在庫あり]
数量:
◆卑俗性を対象化する
日のさして今おろかなる寝釈迦かな
(『加古*傲霜』)
全句集に従って『加古』と『傲霜』を併せて扱う。昭和五年から十三年までの句を収録。耕衣は三十代で、原石鼎の「鹿火屋」や小野蕪子の「鶏頭陣」に投句していた。
 掲句は『加古*傲霜』の一句目。「日のさして」とは、ふだん未公開の涅槃図が、涅槃会で公開されたのだろう。明るい場所に出されると、有難味が薄れる。小さな弟子たちに囲まれて、ひときわデカい釈迦が横たわっている図が、いかにも「おろか」に見えたのである。上五の単純な写生から入って、「今」でギアを上げた。この時点ですでに、「ホトトギス」ふうの俳句とは感覚が違う。


◆シリーズ最新刊
耕衣の俳句が難解といわれたのは別の理由もある。いま独自な俳句論と書いたが、そもそもその理論が難しいのである。もっともそういう理論は、耕衣の俳句を読むためには必要ない。たとえば耕衣は禅に傾倒し、その思想についてしばしば語ってきたが、耕衣の愛読者は、俳句から禅の思想を享受しているわけではない。耕衣の句が読む者を魅了するのは、五七五の言葉がときにその意図を超えて飛躍するからだ。そこには、定型の力学を感知する先天的な言語感覚があるのだが、それは理屈で論じることができない。
ただしここでは、永田耕衣という作家を理解するために、そうした独自な俳句論(あるいは俳句観)とも付き合ってみたい。となれば私たちも、「俳句的」なパラダイムを離れないといけない。
(解説より)


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon


[にひらまさる(1949〜)]
装丁:和兔
四六判変形並製カバー装
220頁
2022/07/15刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
関連書籍
吉田成子著『桂信子の百句』(かつらのぶこのひゃっく)
山田佳乃著『京極杞陽の百句』(きょうごくきようのひゃっく)
橋本石火著『長谷川素逝の百句』(はせがわそせいのひゃっく)
藤原龍一郎著『赤尾兜子の百句』(あかおとうしのひゃっく)
荒川英之著『沢木欣一の百句』(さわききんいちのひゃっく)
渡辺誠一郎著『佐藤鬼房の百句』(さとうおにふさのひゃっく)
武藤紀子著『宇佐美魚目の百句』(うさみぎょもくのひゃっく)
能村研三著『能村登四郎の百句』(のむらとしろうのひゃっく)
北大路翼著『加藤楸邨の百句』(かとうしゅうそんのひゃっく)
中村雅樹著『橋本鶏二の百句』(はしもとけいじのひゃっく)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス