出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




■大阪俳人シリーズ■
最新刊
1200円(税抜)


『四明句集』




ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ2『シリーズ自句自解IIベスト100 秋尾敏』
書籍詳細

『シリーズ自句自解IIベスト100 秋尾敏』[9784781415109]

販売価格: 1,500円(税別)
(税込: 1,650円)
[在庫あり]
数量:
◆自句自解シリーズ

再会や緑の島に緑生う

 二十五年ぶりの友との再会。緑の島であるべきうるまの島(沖縄)に、本来の樹木の茂りが戻っていた。
 初めて沖縄を訪れたのは昭和三十九年。中学二年の夏休みにパスポートを携え、本土復帰を願う那覇中学との交流会に参加した。摩文仁の丘はまだ戦火に焼き払われた状態で、生い茂った樹木はなかった。けれど、それから四半世紀を経て再び訪ねてみると、丘の上には鬱蒼と樹木が茂り、これが本来の島の姿だったと気づかされたのである。
 復帰を願う交流会ではあったが、沖縄の文化に触れた中学生は、ここはひとつの国であろうと思ったのであった。
(『私の行方』昭和六十三年)/001



 詩歌は、ごく個人的な言葉によって、既存の状況認識をつきやぶり、新たな世界観を提示しようとする。
つまり、世界は暗いと思っている人を明るさに導き、無力だと思っている人に可能性を与え、何でも許されると思っている人に、それは違うと囁きかける。
 ときには、くじけそうな自分自身に別の道を示し、こちらを向いてくれない人を振り向かせようともする。あるいは、世界は単純だと思っている人に複雑さを教え、ものごとは簡単ではないと諭すこともある。
 それらが成功するかどうかは問題ではない。そういう言葉を発することが重要なのだ。彼方に去って行く魂を引き留めようとすることもある。不可能なのだけれど。
(解説より)


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



[あきおびん(1950〜)「軸」主宰]
装丁:和兔
四六判変形並製カバー装
220頁
2022/11/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス