出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム入門書 > 365日俳句シリーズ山西雅子著 『花の一句』(はなのいっく)
書籍詳細

山西雅子著 『花の一句』(はなのいっく)[9784781403946]

販売価格: 1,714円 (税別)
[在庫あり]
数量:
[立ち読みする]

◆花のアンソロジー
365句の花のアンソロジー。
花のいのちの輝きに迫る。
本書は、2010年1月1日から12月31日まで、ふらんす堂のホームページに連載した「花の一句」を一冊にまとめたものです。

◆1月1日
日の障子太鼓の如し福寿草  松本たかし
穏やかな正月。座敷に座ると、ぴんと張った障子が太鼓の皮のように見える。叩けば晴れやかな音で鳴りだしそうだ。障子越しの柔らかな日を受けて床の間の福寿草も金色に輝いている。福寿草は別名「元日草」というように正月の花として親しまれ、寄せ植えにして床飾りなどに用いられる。新年らしいめでたさの漲る一句。
(『松本たかし句集』)季語=福寿草(新年)

*

[やまにしまさこ(1960〜)]
季語索引・俳句作者索引付
装丁:君嶋真理子
A6判並製カバー装
238頁
2010.09.29刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス