出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム入門書 > 365日俳句シリーズ日原傳著『素十の一句』(すじゅうのいっく)
書籍詳細

日原傳著『素十の一句』(すじゅうのいっく)[9784781405674]

販売価格: 1,714円 (税別)
[在庫あり]
数量:
[立ち読みする]

◆客観写生への道
俳句の道はたゞこれ写生。これたゞ写生 素十
本書は、2011年1月1日から12月31日まで、ふらんす堂のホームページに連載した「素十の一句」を一冊にまとめたものです。

◆4月20日
方丈の大庇より春の蝶
「龍安寺」と前書がある。「方丈」は寺院の長老・住持の居所。寺の建物の大きな庇の陰から一匹の蝶が突然降ってくるようにあらわれたのである。下五ははじめ「蝶一つ」であったのを改めたという(倉田紘文『高野素十研究』)。上五中七の大きな空間描写を受け止めるには確かに「春の蝶」のような強引な措辞の方がふさわしい。要所に置かれた「方」「丈」「大」「蝶」の四字の長く引く音が働いて、音の面でも太い調べの句となった。季語=春の蝶(春) 『初鴉』『雪片』所収「ホトトギス」昭和二年九月号

*

[ひはら・つたえ(1959〜)]
季語索引付
装丁:君嶋真理子
A6判変形並製カバー装
234頁
2013.10.15刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス