出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム入門書 > 365日俳句シリーズ奥坂まや著『鳥獣の一句』(ちょうじゅうのいっく)
書籍詳細

奥坂まや著『鳥獣の一句』(ちょうじゅうのいっく)[9784781406183]

販売価格: 1,714円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆ふらんす堂編集日記

◆句に輝く動物たち
生きとし生けるものみな平等
 偶然の機会から俳句を始めてみたら、そこには私が感じていた、生きとし生ける物みな平等の世界、「草木国土悉皆成仏」の宇宙観が、ごく当たり前のこととして浸透していたのです。「一日一句」の連載のお話があった時、迷わず「鳥獣の一句」を希望しました。
束の間をこの星に生きて、いずれ滅んでいく仲間としての鳥・獣たちを親しく詠んだ作品を集めてみたかったのです。中には、幻想の生物や、山や海をも生命体として感じている作品も取り上げました。
この本が、鳥や動物に一層の関心を持っていただける機会になれば幸いです。
(あとがきより)

◆雪たのしわれにたてがみあればなほ 桂信子
作者の変身の夢の対象は、どのような動物だろうか? 思い浮かぶのは馬とライオンだが、他にも鬣狼も居る。しかし狼とは言い条、狐に近く、あまりカッコ良くない。私は獅子と思いたい。霏々と降りかかる雪の中、ナルニア国の偉大なる王アスランのように、白金のたてがみを輝かせ、楽しげに咆哮する獅子。八〇歳を過ぎての作であることに、心を動かされる。
(『草影』)季語=雪(冬)

*

[おくざかまや(1950〜)「鷹」同人]
装丁:君嶋真理子
四六判変形並製カバー装
234頁
2014.02.04刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス