出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム百句シリーズ > 名人百句シリーズ武藤紀子著『宇佐美魚目の百句』(うさみぎょもくのひゃっく)
書籍詳細

武藤紀子著『宇佐美魚目の百句』(うさみぎょもくのひゃっく)[9784781413693]

販売価格: 1,500円(税別)
(税込: 1,650円)
[在庫あり]
数量:
◆万象への存問
魚目は若い頃、橋本鷄二や四、五人の仲間と共に鎌倉の虚子の家に句を見てもらいに通っていた。(略)それぞれが墨書してきた自分の句を、恐る恐る虚子にさし出す。すると虚子はおもむろにその句稿を持って書斎に入ってゆき、選句をしてくれるのだった。やがて、虚子から選句をしてもらった句稿を返されるのだが、誰もその場でそれを開けて見るものはいない。うやうやしく押しいただいて、少し虚子と雑談してからおいとまするのであった。帰ることになって虚子の家の門を出るやいなや、皆いっせいに中身を見る。良いと思われた句には赤丸や赤いちょぼの印がついている。魚目がどきどきして開けてみると、何も印がついていない。勇気をふり絞って家に戻って「あのう」と言って句稿を虚子に見せると、虚子は「ああ、そうだったな」と言って句稿を持って再び書斎に引き返された。ああ良かったと喜んで待っていたところが、戻って来た句稿には、何の印もついていなくて、ただ最後に「虚子」と句稿を見たというしるしの名前が書き足されていたという。結局一句もとってもらえなかったのだ。その時の帰りの汽車では、どんな気持ちだっただろう。

(解説より)

*



[むとうのりこ(1949〜)「円座」主宰」
装丁:和兔
四六判変形並製カバー装
220頁
2021/04/01刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
関連書籍
能村研三著『能村登四郎の百句』(のむらとしろうのひゃっく)
北大路翼著『加藤楸邨の百句』(かとうしゅうそんのひゃっく)
中村雅樹著『橋本鶏二の百句』(はしもとけいじのひゃっく)
岩井英雅著『森澄雄の百句』(もりすみおのひゃっく)
山口昭男著『波多野爽波の百句』(はたのそうはのひゃっく)
藤田直子著『鍵和田秞子の百句』(かぎわだゆうこのひゃっく)
伊藤敬子著『鈴木花蓑の百句』(すずきはなみののひゃっく)
岸本尚毅著『山口青邨の百句』(やまぐちせいそんのひゃっく)
伊藤敬子著『杉田久女の百句』(すぎたひさじょのひゃっく)
片山由美子著『鷹羽狩行の百句』(たかはしゅぎょうのひゃっく)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス