出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




ホーム百句シリーズ > 名人百句シリーズ山田佳乃著『京極杞陽の百句』(きょうごくきようのひゃっく)
書籍詳細

山田佳乃著『京極杞陽の百句』(きょうごくきようのひゃっく)[9784781414546]

販売価格: 1,500円(税別)
(税込: 1,650円)
[在庫あり]
数量:
◆虚子門但馬派の自負
美しく木の芽の如くつつましく
(『くくたち』上巻)

 昭和十一年四月二十五日、外遊先より帰途に立ち寄った伯林(ベルリン)日本学会講演会で、杞陽は虚子の講演を聴き、翌二十六日、日本人会による俳句会に出掛ける。
 虚子はこの句会に出された掲句に注目し、京極高光という名乗りをした杞陽を見出すのである。
 『くくたち』の序文で虚子はそのときの出会いを回想している。「私があなたと許り話しするので外の諸君は皆黙つてゐたやうに記憶します。」
 比喩と形容詞を効果的に用いた洗練された一句である。
(昭和十一年作)


◆解説より
 また杞陽の書いた「静かなる美」では(中略) 「私は美といふものは、美価値以外の価値に於ては無価値のものと考へる。一種ニヒリスティックな静かな静かな美のみの美を信仰する。ここには道義も哲学も入れたくないのだ。」
 「私は美とは有り得るところに在るものとは考へたくないのだ。有ると思へる手前か先にあると思ふので、あり得ぬと思はれるところにこそあるものだと思ふのだ。あり得ぬところに生ずるものだからこの美の静かさは一種淋しさに似てゐるのだ。よるべなく虚無的な真闇な大穴のやうな淋しさに似てゐるものだ」「然し又「静」といふことと客観写生と虚子先生の寡言なこととはお互いに又関連があるやうに思はれる。写生は口をつぐんで行ふ魔術である。」と述べている。
 杞陽の「美」への意識は研ぎ澄まされ、人の手垢のついていない無垢なままの美、不思議な妙なる美、観念を破っているもの、といった真実の美を捉えようとする姿勢が杞陽の作句の根底に常にあったのである。


*

Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon

[やまだよしの(1965〜)「円虹」主宰「ホトトギス」同人]
装丁:和兔
四六判変形並製カバー装
208頁
2022/04/08刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
関連書籍
橋本石火著『長谷川素逝の百句』(はせがわそせいのひゃっく)
藤原龍一郎著『赤尾兜子の百句』(あかおとうしのひゃっく)
荒川英之著『沢木欣一の百句』(さわききんいちのひゃっく)
渡辺誠一郎著『佐藤鬼房の百句』(さとうおにふさのひゃっく)
能村研三著『能村登四郎の百句』(のむらとしろうのひゃっく)
北大路翼著『加藤楸邨の百句』(かとうしゅうそんのひゃっく)
武藤紀子著『宇佐美魚目の百句』(うさみぎょもくのひゃっく)
中村雅樹著『橋本鶏二の百句』(はしもとけいじのひゃっく)
岩井英雅著『森澄雄の百句』(もりすみおのひゃっく)
山口昭男著『波多野爽波の百句』(はたのそうはのひゃっく)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス