出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




ホーム百句シリーズ > 名人百句シリーズ荒川英之著『沢木欣一の百句』(さわききんいちのひゃっく)
書籍詳細

荒川英之著『沢木欣一の百句』(さわききんいちのひゃっく)[9784781414133]

販売価格: 1,500円(税別)
(税込: 1,650円)
[在庫あり]
数量:
◆名句百句を読む
シリーズ最新作!

雪晴れに足袋干すひとり静かなる
「雪や泥に汚れた足袋を下宿の軒に吊るすとき、雪景色の静寂に孤独を覚えたというもの。欣一、十九歳の作。金沢の風土に根ざした生活感情の表出は、私小説的な色彩を帯びている。欣一は「意欲と表現」(「寒雷」昭16・7)の中で石塚友二の「秋晴れや人にかくれて街にあり」の句を挙げ、「真心のアインザムほど美しいものはない。」と記し、孤独に無上の「美」を認めている。掲句は、この考え方に深い連なりをもつ第一作である。


◆思想詩としての俳句
戦後五十年間の日本の平和、結構なことである。しかし世界では戦争の連続、冷戦も戦争のうちに入る。朝鮮戦争・ベトナム戦争・アフガニスタン・中東・湾岸戦争など。人類は戦争する動物か。東西あらゆる戦争は正義そして聖戦の名において行われて来た。そして最も悲惨な目に会うのはいつも弱い人・底辺の人間である。
(沢木欣一「風木舎俳話」・俳誌「風」平七・八より)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon
span style="font-size: medium; color: #FF0000;">ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



[あらかわひでゆき(1977〜)「伊吹嶺」編集長]
装丁:和兔
四六判変形並製カバー装
220頁
2021/11/20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス