出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム 第一句集シリーズ
書籍一覧
第一句集シリーズ
書籍並び替え:

登録書籍数: 26件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»
藤井なお子句集『ブロンズ兎』(ぶろんずうさぎ)

藤井なお子句集『ブロンズ兎』(ぶろんずうさぎ)
[9784781412238]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 緑陰へ直線裁ちのワンピース 575の言葉が音を立ててながれるせせらぎ、それが藤井さんだ 藤井さんの句をめぐる話題が、さざ波のように、または微風のように、あるい…
森下秋露句集『明朝体』(みんちょうたい)

森下秋露句集『明朝体』(みんちょうたい)
[9784781412177]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I ふぢつぼのあまたくぢらの目のまはり 透徹した眼を感じる。森羅万象に関心が向けられ、それぞれくっきりと映像を結ばせている。それぞれ眼をもって触れる感じもある。描写が触…
宿谷晃弘句集『野菊』(のぎく)

宿谷晃弘句集『野菊』(のぎく)
[9784781412160]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 葉牡丹の渦の白さの押合へり 視覚的印象が鮮明な句は案外多いのである。 この句に見られるような把握は平凡ではない。 (序・片山由美子) ◆自選十句 著莪咲…
小橋信子句集『火の匂ひ』(ひのにおい)

小橋信子句集『火の匂ひ』(ひのにおい)
[9784781411842]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 流星や縄文土器の一欠片 「流星」もみな天からの恩恵。胸中にある産土の光景が作者の眼前の景となってあらわれるとき想念の花がひらく。信子俳句の真骨頂といえよう。 (序…
板倉砂笏句集『壺の中』(つぼのなか)

板倉砂笏句集『壺の中』(つぼのなか)
[9784781411859]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 三秋の人ごみの中壺の中 壺の中には壺の外の世界が密封されているだけのこと。何となれば壺の外も壺の中も世界のリバーシブルなのである。そこを仙人は、否、俳人は出入りする…
稲葉晶子句集『お寄りなさい』(およりなさい)

稲葉晶子句集『お寄りなさい』(およりなさい)
[9784781411484]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 正座して清新の気を筆始 地道な日々の積み重ねは、何時しか個性の開花に繋り、この先晶子さんがどのような独自の世界を見せてくれるのか期待したい。 (序・野木桃花) …
越智建之句集『澪標』(みおつくし)

越智建之句集『澪標』(みおつくし)
[9784781411392]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 身を尽くしあひて十年秋晴るる 写生の的確さ、知性の豊かさ、自在性などの面で氏の多面的な才能が覗く。 (序・佐々木建成) ◆自選十句 寿老人遅れ給ふな宝船 千…
片山蓉句集『羊水の。』(ようすいの。)

片山蓉句集『羊水の。』(ようすいの。)
[9784781411408]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I サガン読む果肉のやうな九月の部屋 「体のなかを言葉がとおってゆく。心を解き放ち、目にみえるものみえないものすべてを吸収したい。」ここに語られた彼女自身のことばこそが、こ…
上野一子句集『ランゲージ・ダンス』(らんげーじ・だんす)

上野一子句集『ランゲージ・ダンス』(らんげーじ・だんす)
[9784781411057]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I 一本の虹できるまで踏むミシン 定型を守りつつ、口語を主体に、文語あり、切れ字あり、ですます調ありと、表現の実験をしているようでもある。 (序・福本弘明) ◆自選…
伊藤隆句集『筆まかせ』(ふでまかせ)

伊藤隆句集『筆まかせ』(ふでまかせ)
[9784781411255]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I 木枯や両手に持てぬ荷を背負ふ 人としてのぬくもりとやわらかな芸への執念を持つ著者ならば必ず新しい道は展ける。 (序・増成栗人) ◆自選十句 風船の紐まつすぐに…
住田千代子句集『野に遊ぶ』(のにあそぶ)

住田千代子句集『野に遊ぶ』(のにあそぶ)
[9784781411286]

1,700円 [在庫あり]
◆第一句集シリーズ/I 畦焼きの火を追うて風走りけり この句集は今までの生き方の確認であり、未来への生き方を示唆しているのである。 (序・山田六甲) ◆自選十句 折れ口を合はせみてを…
山田やよひ句集『調律 opus2001~2018』(ちょうりつ)

山田やよひ句集『調律 opus2001~2018』(ちょうりつ)
[9784781411224]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 冬の川鳥を照らして降りてくる 山田やよひ、は植物や動物や鉱物を詠むことで自身の幼・少・壮・老の人事の時を大きな風景と交差させたのではないか。 (序・佐々木六戈) …
福田鬼晶句集『リュウグウノツカイ』(りゅうぐうのつかい)

福田鬼晶句集『リュウグウノツカイ』(りゅうぐうのつかい)
[9784781411163]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I 凍鶴を飼はば百年ともに寝て 鬼晶さんの物語は、華やかでもあり、怖ろしくもある。 物語とは、作者のための物語であると同時に、読者のための物語でもある。 (序・石田郷子…
上林ふらと句集『海鼠舟』(なまこぶね)

上林ふらと句集『海鼠舟』(なまこぶね)
[9784781411309]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 沖の風もつれ始めし海鼠舟 ふらとさんの視線や感覚は一層深穏となり、作品は深く多彩な綾を紡ぎつつあるが、彼自身は眼前に伸びる厳しく果しない俳句の道をいま一度見据えなおして…
木内マヤ句集『月のかけら』(つきのかけら)

木内マヤ句集『月のかけら』(つきのかけら)
[9784781411279]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 梅漬ける私が私である時間 詩性と子供のような純な心を失わず、背伸びすることなく、こつこつと一句一句を積み重ねていって欲しいと願っている。 (序より・福島せいぎ) …
沼尾将之句集『鮫色』(さめいろ)

沼尾将之句集『鮫色』(さめいろ)
[9784781411071]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I 屋根といふ屋根は鮫色東風荒れて しっかりとした実景描写でありながら、屋根の下に蠢く恒久的な時空をも内蔵しているようで面白い。 (序より・佐怒賀直美) ◆自選十句…
平沼佐代子句集『遥かなるもの』(はるかなるもの)

平沼佐代子句集『遥かなるもの』(はるかなるもの)
[9784781411125]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I 万緑や遥かなるもの畏れゐて 人生観の深まりに添うように、さらに深遠な世界へと進化している。 (序より・福神規子) ◆自選十句 小春日や夫婦茶碗を夫と買ひ 旧…
石戸菜々花句集『体温』(たいおん)

石戸菜々花句集『体温』(たいおん)
[9784781411002]

1,700円 [在庫わずか]
◆第一句集シリーズ/I かたかたと椅子の傾ぎて氷店 鋭い五感を働かせた対象把握は印象的で実感を伴って伝わって来る。なんでもないような皮膚感覚が菜々花さんにかかれば、心のどこかを揺り起こすような…
池田瑠那句集『金輪際』(こんりんざい)

池田瑠那句集『金輪際』(こんりんざい)
[9784781410807]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 花散るや金輪際のそこひまで 「金輪際」の語をなぜ作者が集名に選んだか。それは散る花によって亡夫の魂を鎮めようという思いと作者が夫の死後も強く生き抜こうという意志からでは…
白戸麻奈句集『東京の地下鉄』(ばびろんのちかてつ)

白戸麻奈句集『東京の地下鉄』(ばびろんのちかてつ)
[9784781410944]

1,700円 [【在庫切れ】]
◆第一句集シリーズ/I 一匹のネズミを肩に雪女 白戸麻奈にとって、俳句は決して身から離せない詩形である。そのことを充分に理解しているからこそ、白戸麻奈は、命あるもの全てに愛情を注ぎ、真面目に俳…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 次のページ»

【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております。カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス