出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム入門書 > 365日俳句シリーズ高柳克弘著『蕉門の一句』(しょうもんのいっく)
書籍詳細

高柳克弘著『蕉門の一句』(しょうもんのいっく)[9784781411910]

販売価格: 1,714円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆揺るぎない完成への道

三六五句の
芭蕉の弟子達が求めた
揺るぎない
完成への道

365日シリーズ最新刊!

◆1月1日
日の春をさすがに鶴の歩みかな  其角

「日の春」は、「今日の春」の略で、元日のこと。この其角の造語について、師である芭蕉は「春の日」か「立春は」とするべきではないかと指摘している。とはいえ、「日」には眩しい初日の出のイメージも重ねているのではないか。だからこそ、鶴」の白さが際立つのであり、「春の日」では初日のかがやきが埋もれてしまう。めでたい新春にふさわしい、堂々たる鶴の歩みを詠み、名吟の風格がある。石田波郷に「吹きおこる秋風鶴を歩ましむ」(『鶴の眼』昭和十四年刊)があるが、対照的だ。波郷の鶴の寄るべない歩みには、現代人の憂愁が潜む。其角の鶴は、新春の喜びに晴々と胸を張っている。(「丙寅初懐紙」)季語=日の春(新年)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[たかやなぎかつひろ(1980〜)「鷹」編集長]
装丁:君嶋真理子
四六判変形並製カバー装
234頁
2019/7/7刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス