出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ1シリーズ自句自解1ベスト100 『大峯あきら』(おおみねあきら)
書籍詳細

シリーズ自句自解1ベスト100 『大峯あきら』(おおみねあきら)[9784781403779]

販売価格: 1,500円 (税別)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]


◆必読入門書
俳句はこうして生まれる。
欲しかった一冊。

待望の大峯あきらの自句自解が登場!

●次回配本:高橋ムツオ

◆001より
炎天の富士となりつつありしかな
昭和二十六年夏。山中湖畔、虚子山荘の稽古会での作。富士山をこんなに間近に見たのは初めてであった。次第に炎天の光体と化そうとする正午近い富士は圧倒的であり、句は一気に出来上がったことを覚えている。「富士山の句が入選したのが嬉しかったです」と興奮して言う二十二歳の私に、虚子は「ああ、あの句はよかった」と微笑しながら応えてくれた。
(『紺碧の鐘』)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[おおみねあきら(1929〜)「晨」代表]
装丁:和兎
四六判変形並製カバー装
224頁
2011.08.28刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス