出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ1シリーズ自句自解1ベスト100『岸本尚毅』(きしもとなおき)
書籍詳細

シリーズ自句自解1ベスト100『岸本尚毅』(きしもとなおき)[9784781403717]

販売価格: 1,500円 (税別)
(税込価格: 1,650円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

◆必読入門書の第三段!俳句界を牽引する俳人、岸本尚毅が遂に登場!
俳句はこうして生まれる。
欲しかった一冊。

初句索引に加え、「私のこだわり」を書きおろしています。
入門書としては必須アイテムのシリーズです。

次回配本:大峯あきら


◆001
なきがらの四方刈田となつてゐし
なきがらは室内にある。なきがらが置かれた建物は周囲が刈田となっている。
 この句が生まれたきっかけは、女優の夏目雅子の訃報であった。夏目雅子はNHK大河ドラマの『黄金の日々』に豪商の娘の役で出演した。夏目雅子演じるモニカという娘は、根津甚八演じる石川五右衛門にかどわかされ、悲惨な運命をたどった。 身近な人が亡くなったときは、こういうふうには詠めないだろう。 (『鶏頭』昭和六十一年刊)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[きしもとなおき(1961〜)「天為」「屋根」同人]
新書版カバー装
装丁:和兎
220頁
2010.07.01刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス