出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム百句シリーズ > ホトトギス雑詠選集岸本尚毅著『虚子選 ホトトギス雑詠選集100句鑑賞・秋』
書籍詳細

岸本尚毅著『虚子選 ホトトギス雑詠選集100句鑑賞・秋』[9784781404301]

販売価格: 1,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
[立ち読みする]

■スピカで野口る理さんが鑑賞を書かれています。
鵙の野に鉄塔エレキ通はする   川端茅舎
吹かれ来し野分の蜂にさゝれたり   星野立子

◆「選は創作なり」の真髄に迫る!
虚子選の自由闊達さと間口の広さが理解されるように、出来るだけ多様な作者・作品を取り上げることに努めました。現在ではあまり知られていない作者が、大家と遜色ない作品を雑詠選集に残している場合もあります。そのような句を見出すことも、雑詠選集を読む楽しみの一つです。(著者:解説より)



◆001
百僧の愁の秋や逝く聖  茶の門
 『ホトトギス雑詠選集・秋の部』の一句目の句である。「聖」とは諸国遊行の僧だが、この句では大きな寺に属し、多くの僧から慕われている高徳の僧と解する。
 「逝く聖」は、すでに息絶えた状態か、それとも、今にも息を引き取ろうとしている状態か、字面からは厳密に決め難いが、一句に漂うただならぬ緊迫感からすると、命終を目前にして横たわっている高僧を、多くの僧が取り囲み、愁いに沈んでいる状況を想像したいと思う。

*

[きしもとなおき(1961〜)]
装丁:和兎
四六判変形並製カバー装
220頁
2011.12.10刊行

●同じ著者によって
『自句自解ベスト100 岸本尚毅』 定価1575円(税込み)
『ホトトギス雑詠選集 冬』 定価1575円(税込み)近刊予定
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス