出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム白のシリーズ大木あまり句集『星涼』(せいりょう)
書籍詳細

大木あまり句集『星涼』(せいりょう)[9784781402918]

販売価格: 2,667円 (税別)
[在庫わずか]
数量:
[立ち読みする]

<みづいろの窓>神野紗希―週刊俳句掲載分(加筆訂正)

◆スピカで野口る理さんが鑑賞を書かれています。
かりそめの踊いつしかひたむきに

第62回 読売文学賞を受賞!!

週刊俳句 Haiku Weeklyに神野紗希さんが句集評を書かれています。
週刊俳句時評第13回 
ユニットの時代?―大木あまり『星涼』を読む―



◆第五句集
きちきちと鳴いて心に入りくる
大木あまありの俳句にある<手触り>、それは物の、生活の、季節の手触りだ。その手触りはぶれることがない。この作者におけるはかり知れない混沌も思念も無常も、すべてはこの手触りの背後からしめやかな顔をして私たちの魂に触れてくるのだ。

◆自選十五句より
?杖や土のなかより春はくる
鳥籠に青き菜をたし春の風邪
田中裕明紛れをらむか雛市に
たんぽぽや鈍器のやうな波が来る
蝶よりもしづかに針を使ひをり
身をよぢる月の柱の守宮かな
願はくは滴りこそを死水に
握りつぶすならその?殻を下さい
かりそめの踊いつしかひたむきに
草原に舟をつなぎて世阿弥の忌

*

[おおきあまり(1941〜)「星の木」同人]
装丁:山岡有以子
四六判フランス装カバー
196頁
2010.09.29刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス