出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム精鋭俳句叢書 > lune(月シリーズ)日原傳句集『此君』(しくん)
書籍詳細

日原傳句集『此君』(しくん)[9784781400785]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
[在庫僅か]と表示される商品はお手数ですが、在庫をお問合せいただきご購入下さい。「在庫あり」と表示されていても品切れの場合がございます。


[立ち読みする]

第32回 俳人協会新人賞受賞!

◆ 精鋭俳句叢書serie de la lune
梨食うて心すずしくなりにけり
栞・大木あまり
『此君』は総じて涼やかな句が多い。全篇を涼風が吹いている感じがする。その涼しさの源は、この梨の句だったのだ。「心すずしく」は本句集のテーマであり、作者の思想でもあると思う。

●自選十五句
まんさくは頬刺す風の中の花
てのひらの集まつてくる踊かな
鹿散つて僧の行列見てをりぬ
外套は神話の如く吊られけり
葉桜のころの奉納相撲かな
難しく幹にとまりて囀れり
長城の切れ端を目に秋耕す
蟋蟀の跳べば親しき黄河かな
空飛んで来たる顔せず浮寝鳥
いきほひの出て真直ぐに蛇泳ぐ
出入口なき虫籠を編む男
ある人は膝を抱へて涼みけり
伝言を巫女は菊師にささやきぬ
青柿のほとりの水の迅さかな
朧夜の冬虫夏草沈む酒



[ひはらつたえ(1959〜)]
装丁:君嶋真理子
四六判並製カバー装小口折グラシン巻
176頁
2008.09.27刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス