出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム精鋭俳句叢書 > fleur(花シリーズ)広渡詩乃句集『春風の量』(はるかぜのりょう)
書籍詳細

広渡詩乃句集『春風の量』(はるかぜのりょう)[9784894027488]

販売価格: 2,400円 (税別)
(税込価格: 2,640円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

スカート揺らし春風の量計る

年月を追うように、作品に深味と味わいが加わって、しみじみとした情感が感じとれる。生来の柔軟な詩精神に、落ち着いた描写力が加わったことに由る進境と思われる。今後が楽しみでもあり、頼母しくもある。(序)

子を置きて働けば北風激しかり
洗ひ髪振り向きて子を驚かす
車より白靴すつと出て銀座
川波のめくれしままに結氷期
少年の引出しに鍵青胡桃
吊革に眠つてしまふ秋の暮
黄落や頬杖はピザ焼けるまで
冬に入る仕事の手帳角ぼろぼろ
砂時計めく炎天の砂丘かな
産声と聞く暁の蝉の声
門柱に倚りて話して盆の客
望の月更けて浴後の手の匂ふ
啓蟄や水際の水の盛り上がり
下向きに咲き上向きに落椿
茎立や均等法後の女どち
(自選15句)

序文・岡本 眸 栞・小島 健 装丁・君嶋真理子
四六判並製ソフトカバーグラシン巻き 184頁

●著者略歴
広渡 詩乃
本名・紀子。昭和31年6月14日東京都生れ。昭和54年早稲田大学卒業。広告代理店勤務。クリエイティブ・ディレクター。昭和60年「朝」入会。平成12年「朝」同人。平成14年「朝」新人賞。俳人協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス