出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム精鋭俳句叢書 > fleur(花シリーズ)西村妙子句集『オリーブの丘』
書籍詳細

西村妙子句集『オリーブの丘』[9784894028272]

販売価格: 2,400円 (税別)
(税込価格: 2,640円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

平成8年から17年までの作品の中から、363句を選んだ第1句集。

ひよんの笛吹いて木霊をよろこばす

序・三村純也/栞・井上弘美

詩があり、飛躍がある。こういう豊かな、感受性は、やはり風光明媚な島に生まれ育った、妙子さんの持って生まれたものだろうと思う。(序)

五月来るバイクは風となりにけり
本当の自分がうつる秋の水
一人立てば枯木の影のうすきかな
冬怒涛なみだかわいてしまひけり
ざぶざぶと洗濯楽し夏に入る
万緑の風に体の軽くなる
藻の花に笹舟とまりとまりゆく
虫送すみてみどりの風の道
醤の香ただよふ島の夜の秋
花八手金魚の墓のまたひとつ
馬の目に青空うつる花ミモザ
朝蝉や明るく夫を送り出す
長き夜のアルキメデスの原理ふと
堂々と滝となりたる水の音
(自選15句)

序文・三村純也 栞・井上弘美
装丁・君嶋真理子 四六判並製ソフトカバーグラシン巻き 218頁


●著者略歴
西村 妙子
昭和19年11月香川県小豆島生まれ。平成8年「あじろ」主宰角光雄先生の俳句教室に入会。平成12年5月「山茶花」入会。三村純也先生に師事。現在、「山茶花」同人、俳人協会会員
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス