出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム評論・エッセイ・小説・戯曲 > エッセイ上田日差子句集『子育ての十七音詩』(こそだてのじゅうななおんし)
書籍詳細

上田日差子句集『子育ての十七音詩』(こそだてのじゅうななおんし)[9784894022324]

販売価格: 1,900円 (税別)
(税込価格: 2,090円)
[【在庫切れ】]
◆俳句育児手帖
季節の中にいのちをはぐくむ

子を負へば涼しき月を負ふごとし


◆本文より
いざ母親になる身になって、胎教というのはなかなか難しいことがわかった。音楽や絵画の鑑賞ばかりではない。胎教とは、そもそも母親がおなかの子どもにやさしい語りかけを繰り返すことであるという。胎児も母親に語りかけている。その対話を十七字に詠む。かけがえのない出生前の十ヶ月間を、俳句のアルバムに残すことができるのは、母と子にとって幸せなことである。

胎の子も家族にかぞへ西瓜食む   日差子


[うえだひざし(1961〜)「ランブル」創刊主宰 俳人協会幹事]
序:向田貴子
装丁:君嶋真理子
B6判並製フランス装
60頁
1998.05.01刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス