出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム詩集 > 単行本星野守詩集『火は森を狂わせるのか』(ひはもりをくるわせるのか)
書籍詳細

星野守詩集『火は森を狂わせるのか』(ひはもりをくるわせるのか)[9784894022676]

販売価格: 2,200円 (税別)
(税込価格: 2,420円)
[【在庫切れ】]
◆収録作品より
火は森を狂わせるのか 近すぎる夜には丹念な劇をつづけ
きみは夜々の村々をとおくいつのまにか帰ってきた ぼくの旅だ それで
ぼくはきみとぼくの劇のために人形でない鶏を絞め殺す でも
こぼれる剃刀のようにぞくぞくする夜に
とおくで歌うしずかな愛の低吟はやめてくれ
女のようななめらかな水仙の花はとおざけてくれ
やめてくれ ぼくは戦いでぬるぬるになったきみと語りあかしたいのだから
できるならおねがいだ きみはガラスの稜線を殺してしまえ
眸のそとばかりに殺されるよろこびを夜にかえしてしまえばいいのだ
どこにいったのか ねえきみ きみのなかに落ちてくる夜の寝床には
誰もいない 誰もいないやさしさは もうぼくも知らないきみのなか
(きみの眸は危ないほど澄んでいるのに
            なぜきみは帰ってしまっているの?)
(「火は森を狂わせるのか…」より一部)


[ほしのまもる(1954〜)]
装丁:君嶋真理子
A5判ペーパーバック
256頁
1998.11.20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス