出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 私家版大越智のぶゑ『小夜の雨』
書籍詳細

大越智のぶゑ『小夜の雨』[在庫切れ]

販売価格はお問い合わせください。
[【在庫切れ】]
◆ 第一句集
「白い灰黒い灰ある野焼あと」野焼のあとに、燃えて黒い灰になるものと白い灰になるものがあるのは、誰にでも見えそうな感じがするが、毎年自分で野焼に参加される著者であってみれば、そうなる植物にまで覚えがあるのかもしれぬ。
(序より・後藤比奈夫)



去年までは夫と摘みゐし花山椒
遠雷を聞きて水やり余念なし
小夜の雨受けて花菜の丈となる
手垢とも祖父の形見の藁砧
有田川みかんの中を流れけり
夏花摘近所誘つて奥山へ
真夜にふと凩の音の吾子かとも
畑打てば亡き子の声の「えらからう」
注ぐ度に一振りしてはにごり酒
重さうに何か載せをる冬の雲

序・題簽・後藤比奈夫
装丁・君嶋真理子 四六判上製函入り総クロス装背継ぎ 188頁
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス