出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 私家版黒田ゆり子句集『一人静』(ひとりしずか)
書籍詳細

黒田ゆり子句集『一人静』(ひとりしずか)[在庫切れ]

販売価格はお問い合わせください。
[【在庫切れ】]
◆第一句集
初鶏や三年妻とし火を育つ
元来俳句は客観写生・即物具象を旨としているのに対し、彼女の句は叙情性豊かな句が多く見受けられるが、これはむしろ女性の句として好ましいことではなかろうか。
(帯より)


◆自選十句より
たぐる葛葉裏ぞろぞろ山を這ふ
稲刈りの疲れごといれ脱衣籠
ゴンドラにせり上がり来る山つつじ
木枯に如是姫うすき日を捧ぐ
行く雁の三羽四羽五羽もうごはん
ががんぼの影あるごとく無きごとく
?子忌と思ふ氷菓を口にして
まだ頼り甲斐なき座り茎の石
しろがねの光となりて沙羅芽吹く
花野吹く風にも色のあるごとし


[くろだゆりこ(1929〜)]
帯・序:古宮徹
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
212頁
2006.12.10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス