出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




ホーム句集 > 単行本河野奎句集『後部席』(こうぶせき)
書籍詳細

河野奎句集『後部席』(こうぶせき)[9784781414249]

販売価格: 2,500円(税別)
(税込: 2,750円)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集

河野 奎さんの最近作で注目したのは、

熊笹をしばく夕立や山刀

の句である。山小屋付近か、登山路で、激しい夕立にあったという情景であるが、覇気のある句である。熊笹を夕立の雨脚がつよく打つさまを「しばく」と詠みとめて、その突然の夕立によって、青々とした清冽な山気の立ちのぼるさままで彷彿させている。また、座五の「山刀」によって、全体の時空が定まり、生活感が滲み出た。夕立に濡れた山刀を手に持ち佇む作者の強い覇気までが伝わってくるのである。
(序・波戸岡旭)

◆波戸岡旭推薦十二句
明易の甚兵衛鮫の口の夢
初蝶のステンドグラスより出づる
湯豆腐に定規取り出す測量士
寝るだけの新人の寮秋風鈴
幼子の打水の向き定まらず
品書きのよぢれし屋台夜の秋
斎場の隅に白靴脱いであり
頑として聞かぬ幼子春嵐
香を削るこけしの里や余花の雨
白シャツの片寄るデッキ大鳴門
通院の坂に母負ふ草の花
膨らみの厚き封筒麦の秋


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon

ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)


[かわのけい(1943〜)「天頂」会員]
装丁:君嶋真理子
四六判並製カバー装
176頁
2021/12/36刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス