出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




■大阪俳人シリーズ■
最新刊
1200円(税抜)


『四明句集』




ホーム句集 > 単行本河内文雄句集『美知比幾』(みちひき)
書籍詳細

河内文雄句集『美知比幾』(みちひき)[9784781413792]

販売価格: 3,000円(税別)
(税込: 3,300円)
[在庫あり]
数量:
念力の通過手間取る網戸かな
作者は呼吸器内科という、今まさにコロナ禍という一瞬たりとも気の抜けない、緊迫の最前線に身を置く。そんな状況下にありながら、僅か二年で第二句集という超人的な作家活動も塾す。俳句を忙殺される本業のシェルターなど甘くは考えてはいない。
むしろ仕事と創作という両輪の均衡が、既に抜き差しならぬトポフィリアTopophillia「場所への愛」を作り上げてしまったようだ。
しかし、これからの道程、そこを安住の地にしてはならぬのかも知れぬ。
帯より:中原道夫

◆「美知比幾」十二句選
春泥をただ駆け回る祭とや
藤揺るる空とはいへぬ高さにて
袋角いかにも喧嘩弱さうな
短夜のほぼ雑音の子守歌
放埒や縦に寝そべる雲の峰
達人は動かぬやうに綿花摘む
大文字書き順守る気はさらさら
当番の世事に疎きが秋刀魚焼く
鶏頭の十六本目隠れけり
白菜の大きな面をしてやがる
冬立つや雲に差したる雲の影
雪吊のあそこらへんが幾何究理


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon

ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



[こうちふみお(1949〜)「銀化」同人]
帯:中原道夫
装丁:中原道夫
菊判変形上製カバー装
228頁
2021/09/22刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス