出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 単行本關考一句集『ジントニックをもう一杯』(じんとにっくをもうひとつ)
書籍詳細

關考一句集『ジントニックをもう一杯』(じんとにっくをもうひとつ)[9784781413136]

販売価格: 3,000円(税別)
(税込: 3,300円)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
冬ざれに値段を付くる仕事かな
關考一は一介のサラリーマンではなかった。段々明らかになる氏素姓。家業では古くからの造園業を営み、好むと好まざると、俳句を始める以前から自然を刈り込む仕事を傍らで見て来た。そして、気がつけば大量の読書に因って培われた強記という“鋏”で刈り込むことを始めてしまっていた。
(帯・中原道夫)

◆自選十二句
ずぶ濡れのワイシャツ脱がむ夕の虹
ゴーグルに当たるものあり冬銀河
唇を噛めば春星うるみがち
カモナマイハウス狭き穴なり望潮
春愁に掛け回す蜜黒か白か
鰥にも荒地野菊の道はある
目玉さへ点眼薬の涼を欲る
空少し広うなりたる盆の明
盆明けや異界の如き会社へと
神の留守穴(とぼそ)・突起(とまら)にあそびかな
ダイキリのよく出る晩の守宮かな


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



[せきこういち(1962〜)]
帯・序・装丁:中原道夫
菊判変形上製カバー装
230頁
2021/06/21刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス