出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム歌集 > 単行本松野志保歌集『われらの狩りの掟』(われらのかりのおきて)
書籍詳細

松野志保歌集『われらの狩りの掟』(われらのかりのおきて)[9784781413501]

販売価格: 2,600円(税別)
(税込: 2,860円)
[在庫あり]
数量:
Amazonでの電子書籍の購入はこちらより
Amazon

◆第三歌集
ウェルニッケ野に火を放てそののちの焦土をわれらはるばると征く

私にとって歌とはずっと、失われたもの、決して手に入らないものへの思いを注ぎ込む器だった。それが、この歌集を手に取ってくださった人が抱え持つ喪失や希求と響きあうことがあればと願うのみである。
(あとがき)


◆自選五首
無傷であることに傷つく葉桜の下あたらしい帽子を被り
光年という距離を知りそれさえも永遠にほど遠いと知った
奈落その深さをはかりつつ落ちてゆくくれないの椿一輪
ハーブティーにとかすはちみつひと匙の慈悲それで人は生きられるのに
みなそこのさくらよさくら海が陸はげしく侵し尽くした春の


Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon

ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)

[まつのしほ(1973〜)]
装丁:和兎
四六判変形半上製カバー装
242頁
2021/04/03刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス