出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム評論・エッセイ・小説・戯曲 > 評論河津聖恵詩著『「毒虫」詩論序説―声と声なき声のはざまで』(どくむししろんじょせつ)
書籍詳細

河津聖恵詩著『「毒虫」詩論序説―声と声なき声のはざまで』(どくむししろんじょせつ)[9784781412825]

販売価格: 2,300円 (税別)
(税込価格: 2,530円)
[在庫あり]
数量:
◆詩論集
深遠へと傾斜していく世界、戦争への危機意識の下
「一匹の毒虫」となることを決意した
詩人・河津聖恵の渾身の評論集。


どこかに光り出す詩という希望をこれからも見出していきたい。「人間」が続く限りやがて見えてくる星座を、それらは準備するだろう。(著者)



◆本文より
「ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。」
 この秋、カフカの小説『変身』(原田義人訳)のこの有名な冒頭部分の意味が、初めて読み解けたと痛感した朝があった。変身したのはザムザではない。じつはザムザを取り巻く世界のほうだったのだ─。深夜、安保法案(安全保障関連法案)が可決し、殆ど眠れないまま迎えた朝である。(略)
詩は「毒虫」の声の側にある。正確には「毒虫」の中の人間の声、つまり毒虫化した世界によって、人間のものだからこそ通じないもの、「毒虫」のものとされてしまう声の側にある。そもそも現代詩とはそのようなものだった。うたいたくてもうたえない、だから結局は「ひっかくように書く」(カフカ)しかないものだった。そのような現代詩の「毒虫性」こそが今、私の脳裏で夜光虫の美しさと深海魚の神聖さを帯び始める。



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[かわづきよえ(1961〜)]
装画:田中千智「Dream」
装丁:毛利一枝
四六判クータ・バインディング装
178頁
2020/07/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス