出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 私家版吉田邦乎句集『伊勢宮川』
書籍詳細

吉田邦乎句集『伊勢宮川』[在庫切れ]

販売価格はお問い合わせください。
[【在庫切れ】]
◆ 第一句集
  「妻といふ詩の友ありて秋灯」三十年に及ぶ邦乎さんの作品を拝見して、まず感じたことは「愛憐」と「浄土」という言葉だった。愛憐は昭和の、浄土は平成の邦乎作品を統べていると思った。どの句にも静江さんの存在があり、愛憐も浄土も全て静江夫人に収斂していると思った。
  
(序より・安立公彦)


金婚やうす紅の冬木の芽
月ながめともに生きむと言ひをりしに
遍路杖すすぎ立て置く枕もと
鶯や旅の朝餉はゆつくりと
深秋の雲語りゐる山上湖
ポスターを貼りかへ春を待つ駅舎
病窓の眩しさ日脚伸びにけり
声かけて春泥の路地すれ違ふ
いかのぼり二つならぶを遠く見て
卒寿近き灯をたてまつる涅槃像

「春燈」会員 (1915〜)
私家版
序文・安立公彦
装丁・君嶋真理子
四六判上製函入り総クロス装
168頁 2007.04.25刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス