出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム評論・エッセイ・小説・戯曲 > 評論小野恵美子著『水原秋桜子 一句の風景』(みずはらしゅうおうし いっくのふうけい)
書籍詳細

小野恵美子著『水原秋桜子 一句の風景』(みずはらしゅうおうし いっくのふうけい)[9784781407449]

販売価格: 1,800円 (税別)
(税込価格: 1,980円)
[【在庫切れ】]
◆知られざる一句
今まで世上に取上げられることの少なかった句を対象の中心とすることによって、また別な「水原秋櫻子」を表すことが出来たらと願った。
(あとがきより)

◆収録作紹介
古町は初日の池にあそぶ鴨
 鳥の句では鴨が最も多く、他の季のものを含めると百を遥かに超える。中でも初日との配合は十を数える。それまでに「林泉、汀、崎、港」などを詠んでいるがその最後の句。ひとつの景を繰返し求めながらそれぞれに完成度の高い作である。胸中の景ではあるが鴨の羽搏き、飛沫の光まで感じられる。省くもののない一幅の絵のような、
秋櫻子最晩年の美意識に適ったものといえる。
(『うたげ』昭和五十六年作)

*

[おのえみこ(1942〜)「馬醉木」同人]
装丁:和兎
四六判変形並製カバー装
142頁
2015/05/01刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス