出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム百句シリーズ > その他須原和男著『川崎展宏の百句』(かわさきてんこうのひゃっく)
書籍詳細

須原和男著『川崎展宏の百句』(かわさきてんこうのひゃっく)[9784894025332]

販売価格: 2,000円 (税別)
(税込価格: 2,200円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

平成9年までに刊行された川崎展宏の既刊五句集の中からおよそ100句あまりを選出し、それぞれの作品に評釈を加える。目次は春・夏・秋・冬の部立てに応じて全句を一覧に、更に季語を太字にすることにより索引も兼ねる。

◆ 百花繚乱の百句を評釈
本書の念願とするところは、これを一つの機縁として、川崎展宏の俳句作品が一人でも多くの方々の眼に触れ、いわば、俳句を愛好する人々の共有財産となること、ひたすらその一点に尽きる。・目次は、春・夏・秋・冬の部立てに応じて、本書収録の全句を一覧できるようにした。更には季語を太字にすることによって、目次が、一種の索引を兼ねるようにしてある。読者は、季節または季語によって好みの一句を随意に選択し、本書のどこからでも自由に読み始めていただきたい。
著者(あとがきより)

 < 高遠の桜をおもふ眉のうへ >
・・・そこで、川崎展宏がこの作品の中で行なったことは、なまじの客観写生を断念し、城山の「高」きにあって東京からは「遠」くに咲く桜を、瞑目しながら、「眉のうへ」の虚空に思い描くことだった。むろん、妄りに用うべき表現の手段ではない。が、この作品の場合は、「高遠の桜」という言葉の喚起力に全幅の信頼を置き、作者としては一歩身を引く姿勢を取っているからこそ、さなきだに位の高いこの桜を、いよいよ以て品格の高い桜と成し得たのではないか。・・・



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



装丁・山崎登 四六判ソフトカバー装 177頁
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス