出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム評論・エッセイ・小説・戯曲 > エッセイ大石登世子著『奥の細道紀行』(おくのほそみちきこう)
書籍詳細

大石登世子著『奥の細道紀行』(おくのほそみちきこう)[9784781406176]

販売価格: 2,476円 (税別)
(税込価格: 2,724円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

◆『奥の細道』の足跡を辿る1冊
「閑かさや」の句と、次の訪問地大石田で詠んだ「五月雨を集めて早し最上川」、平泉での「夏草や兵どもが夢の跡」の三句は『奥の細道』の中の句の人気投票をすれば、ベスト3に選ばれるのではないだろうか。
ちなみに私好みのベスト3は少し違って、出羽三山での「雲の峰いくつ崩れて月の山」、酒田での「暑き日を海に入れたり最上川」、越後での「荒海や佐渡に横たふ天の河」の三句。山・川・海と太陽・月・星と揃ったところがミソで、いずれも雄大な景色と作者の心情が込められた秀句だと思う。


[おおいし・とよこ (1942〜)「麻」同人 ]
装丁:君嶋真理子
四六判ペーパーバックスタイル
238頁
2013.10.25刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス