出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム評論・エッセイ・小説・戯曲 > 評論今瀬剛一著『能村登四郎ノート』(のむらとしろうのーと)
書籍詳細

今瀬剛一著『能村登四郎ノート』(のむらとしろうのーと)[9784781404196]

販売価格: 2,857円 (税別)
(税込価格: 3,143円)
[【在庫切れ】]
◆待望の一冊
主宰誌「対岸」に平成13年より連載の「能村登四郎ノート」を100回を機に加筆修正をして1冊に。
登四郎を考える1ページとなれば
この上の幸せはない。

◆本文より
「馬醉木」復刊第一号に登四郎は
咲く梅にみちびく畦の焼かれあり
という作品を発表している。この明るさはどうであろう。もちろん登四郎は単純に喜んでいるのではない。多くの友人を、教え子をなくした戦争であった。その思いは消えるはずはないのである。
この明るさはそうした悲しみの向こうに、一つの諦観の奥に仄見える光明だったのではないだろうか。

*

[いませごういち「対岸」主宰]
装丁:和兎
四六判並製カバー装
378頁
2011.10.28刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
関連書籍
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス