出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 単行本後藤比奈夫句集『残日残照』(ざんじつざんしょう)
書籍詳細

後藤比奈夫句集『残日残照』(ざんじつざんしょう)[9784781402734]

販売価格: 3,000円 (税別)
(税込価格: 3,300円)
[【在庫切れ】]
◆第十二句集
花に一会花に一会と老いけらし
とかくする内に、いつの間にか余生という境涯に入っている自分に愕然としている。余生という言葉には、どこかきらびやかなところもあるが、一般には老後に残された人生の意で、何となく淋しさが付き纏う。余命は余命いくばくもなしと使うように、いよいよ儚い。それで「残日」。俳句は好きだから作り続けたい。『残日残照』のあとの残日がどうなるのか分からないのも、自分でも楽しみである。
(あとがきより)

◆自選十五句より
今日は稀に雲一つなく雲間草
?(さかばやし)三輪よ松尾よ新酒出づ
けふ会ひて枸杞が一番かはいい実
焚火跡暖かさうに寒さうに
酔早し雪の降る夜のあられ酒
流さるることはなかりし裸雛
初霞棚引く野山ありてこそ
老にまだ書くこと残り初日記
茎の石家系危ぶみゐたりけり
襟巻の狸狐のやうな顔

*

[ごとうひなお(1917〜)「諷詠」主宰]
装丁:山岡有以子
四六判上製クロス装
232頁
2010.09.30刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス