出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 単行本後藤比奈夫句集『初東雲』(はつしののめ)
書籍詳細

後藤比奈夫句集『初東雲』(はつしののめ)[9784781402031]

販売価格: 2,667円 (税別)
(税込価格: 2,934円)
[【在庫切れ】]
◆第十一句集
齢も九十を越えると、思いがけない体力の消耗に気づく。体力ばかりでなく体の機能も同じである。昨日まで分かっていたことが急に分からなくなったり、今まで出来ていたことが急に出来なくなる。句作りにとっては致命傷。それに負けない為に、私は心を大らかに平らかにして、くよくよしないことと決めてしまった。そして何よりも起居不如意には虚子先生の、

秋風や眼中のもの皆俳句   虚子

の御句に身を任せることにして対抗することにした。目に入るもの片っ端から俳句にしようという心意気。それしかなくて出来上ったのが『初東雲』である。よかれ悪しかれ今の私にはこれだけしかないという、いとおしい『初東雲』。

◆自選十五句より
夜の闇にまぎるるために濃き浴衣
米寿まできて穀象の仲間入り
秋惜む時空足らざる思あり
白で来し綿虫青に変り消ゆ
午後は憂し馬酔木の花も御仏も
四十五度美しとせし踊の手
冬雲がこんなに白い日もありぬ
人恋へば枯山水に初時雨
人の目を偸みて春の水となる
伏見雛醍醐の花を夢見給ふ

*

[ごとうひなお(1917〜)「諷詠」主宰]
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
206頁
2009.09.22刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス