出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム句集 > 単行本清水志句集『流氷』(りゅうひょう)【品切れ】
書籍詳細

清水志句集『流氷』(りゅうひょう)【品切れ】[9784781401713]

販売価格: 2,476円(税別)
(税込: 2,724円)
[【在庫切れ】]
◆激情から抑制まで
  雪兎作りて母の帰り待つ
  ふるさとの真白の蚊帳に母と寝て 
  田草取る形のままに老いし母
  病む母に少し開けやる春障子
  母の日の母を車座もて囲み
なんという優しさだろう。母を詠んだ茂吉や啄木の歌が思い起こされ、胸が熱くなった。そして、
  堰といふ堰を呑み込み雪解川
の激情から、
  百薬がほどにとどめて菊の酒
の抑制までの幅の広さを持つ作者である。
(帯より・鷹羽狩行)

◆鷹羽狩行抽出
会ふだけでよいと言はれて春炬燵
隅といふところをば得て余り苗
出番たがへて喝采の村芝居
良寛の国の弾める手毬かな
流氷が見ゆると任地より便り
水打つて土より風を誘ひ出す
咆哮の白熊のさま流氷来
いつしかに氷室となりし防空壕
落葉焚叱られてゐる修行僧
おてんばと思ひをりしが藍浴衣

*

[しみず・えさし(1941〜)狩同人]
序句/帯文:鷹羽狩行
跋文:太田寛郎
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
208頁
2009.09.10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス