出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
■現代俳句文庫■
最新刊
1200円(税抜)


『塩野谷仁句集』




ホーム句集 > 単行本今井杏太郎句集『風の吹くころ』(かぜのふくころ)
書籍詳細

今井杏太郎句集『風の吹くころ』(かぜのふくころ)[9784781401522]

販売価格: 2,571円(税別)
(税込: 2,828円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

■週間俳句で上田信治さんが書評を書かれています。
[追悼・今井杏太郎]『自己消失のよろこび』

◆答えは風のなかにある
 眼前の風景を切り取るのは俳句の技法だが、そこに永遠の時間を見出すのは俳句の思想である。この思想を共有するには、風に吹かれるように句集を読んでもらうのがいい。
 ボブ・ディランによれば、答えは風のなかにある。
(栞より・仁平勝)

◆第五句集
 「日本の伝統的な文化は、侘寂(わびさび)である」という人が多い。それならば、俳諧は何か…。
 芭蕉さんは、「俳諧は軽みである」とおっしゃっている。
 「軽み」とは何か、と思い続けていたが、ある夜ふっと、「軽みとは、儚さなのではないのか」と思いついた。すなわち、
淋しさに咳をしてみる。
(帯より・杏太郎)

*

[いまいきょうたろう(1928〜)]
栞:仁平勝
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
148頁
2009.06.23刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス