出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム現代俳句文庫現代俳句文庫59『ふけとしこ句集』(ふけとしこくしゅう)
書籍詳細

現代俳句文庫59『ふけとしこ句集』(ふけとしこくしゅう)[9784894027984]

販売価格: 1,200円 (税別)
(税込価格: 1,320円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

◆ 第一句集「鎌の刃」全句を含む、既刊3句集より精選400句を収録

鎌の刃も菖蒲も雫してをりぬ
「鎌の刃」全句、「真鍮」「伝言」より各21句のほか、『ホタル通信』や『街』『船団』に掲載されたエッセイ4編を収録する。

著者エッセイ付。「ここで特記すべきは、としこの作品には最初から破綻がなかったということだ。ユーモア漂う作品群から一見楽天家と取る方が多いらしいが、驚くほどの努力家なのだ。」 (解説・橋本榮治)

われとわが機嫌とる日よ苺煮る
落ちし火を消す役もゐて修二会かな
子のをらぬ日の菖蒲湯をたてにけり
退屈な猫に嗅がせて草石蚕かな
軽鳧の子のふはふはを十数へけり

解説・橋本榮治 表紙フォトイラスト・武内理能
四六判並製 104頁



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



●著者紹介
ふけ としこ
本名・福家登志子。1946年2月22日岡山県川上郡(現高梁市)に生まれる。1986年8月俳画を始める。1987年5月俳画の関連で俳句に興味をもち那須青魚に手ほどきを受ける。「砂丘」入会(のち退会)。12月「青麦俳句会」に参加。1990年10月市村究一郎に師事。1991年3月「カリヨン」に入会(のち退会)。1995年2月「鎌の刃」三〇句により第九回俳壇賞を受賞。1998年3月「船団の会」参加。2000年4月より三年間個人誌「ホタル通信」を発行。一時期「街」に参加。俳人協会会員
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス