出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム詩集 > 単行本鳥居万由実詩集『遠さについて』(とおさについて)
書籍詳細

鳥居万由実詩集『遠さについて』(とおさについて)[9784781400860]

販売価格: 1,905円 (税別)
(税込価格: 2,096円)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

帯・鵜飼 哲 

ああ 冬眠に失敗しちゃったんだね、あねき。
冬眠に失敗した熊は、氷に埋もれ
いい頃合いに光りはじめる
涙 とも いのちの火 とも ちがう

(「名寄の冬」より)



鳥居万由実の詩が歌うのは、<ことば>が<ことば>であるがゆえの遠さなのか。それとも、<ことば>がもはや届かない距離なのか。ひそやかな魂の旅から、光、音響、律動、心象が次々と生まれ出ては、さまざまな人称、数、性、種(動物や植物)にひととき宿り、そしてしずかにそれらを破壊してゆく。もう誰が歌っているのか分からない。こうして読者は、いつか不思議な寒冷地へ導かれ、かつて見たことない空を見るだろう。(帯・鵜飼 哲)
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス