出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本市堀玉宗句集『雪安居』(ゆきあんご)
書籍詳細

市堀玉宗句集『雪安居』(ゆきあんご)[在庫切れ]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
第3回中新田俳句大賞
第26回 泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞!


◆正直 金子兜太

玉宗の青年期をおもうと、さすらい(流離)の語が出てくる。勤めを辞めてさすらい、出家したあともさすらっていた。困った男だとおもいながら、正直な奴だともおもっていた。ようやく能登の寺に落ち着き、俳句をはじめたと聞く。どんな句をつくるものやら。
すいせんなのかなんなのか、こんなのが本当のすいせん文かもしれないと自負。呼呼。

序・沢木欣一


◆自選十句
まろび落つ羅漢の首も煤払
今の世に銭乞ひ歩くしぐれかな
これ以上背伸びはできぬ梅の花
正直なおたまじやくしは浮いてくる
床に入る足裏の汚れ夏安居
水に落つ蛇のまなこに映るもの
遺されしものへつくつくつくぼうし
秋風やおいらはどこの馬の骨
蟷螂の貌は先刻暮れてをり
露けさに眠るも僧となりしより



[いちぼりぎょくしゅう(1955〜)]
序:沢木欣一
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
214頁
1997.09.25刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス