出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム詩集 > 単行本河津聖恵詩集『アリア、この夜の裸体のために』
書籍詳細

河津聖恵詩集『アリア、この夜の裸体のために』[9784894024926]

販売価格: 2,600円 (税別)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

本年度H氏賞受賞!

◆第9回歴程新鋭賞受賞詩人の待望の第5詩集。
光というものへの作者の反応、あるいは感情や言葉の揺らぎを表現するもの…濃淡や明度の差はあれ、光というモチーフにかかわる作品を集めている。

車窓に流れる夜の光は、なぜわたしたちを惹きつけるのだろう。
 そのように車窓に流れる夜の光に惹きつけられるわたしたちとは、どのような存在なのだろう──誰にともないそのような問いかけが、この詩集を恐らく点綴している。
著者(あとがきより)


◆目次
1. アリア、この夜の裸体のために
アリア、この夜の裸体のために/エイリアン・ストリート・イン・BERLIN/Front ── 光と夜のあいだで/夢かもしれない、しずかな夢かもしれない─ 光と夜のあいだで/駅はカテドラル ── 光と夜のあいだで

2. 夜が夜を憶えているように
interspace/夜が夜を憶えているように/光りだした箇処を、わたしたちはしらない/しずく、誰のものでもない問いかけそのものとして ── 光と夜のあいだで

3. 今わたしはなにかを忘れてゆく
葉迷宮/シークレット・ガーデン ── 今しずくをみつめている人のために/今わたしはなにかを忘れてゆく


    やがて夜のイヤホンがすべてになる
    夜の偶然な光たちは
    叙情的な旋律の、その必然な進行のなかで
    星座のように整列してゆく
    唇は
    覚えずやさしい死者のように世界に向かってわずかにひらく
    アリア、この夜の裸体のために
──「アリア、この夜の裸体のために」より



[かわづきよえ(1961〜)]
1985年第23回現代詩手帖賞受賞。1998年第9回歴程新鋭賞受賞
装丁:君嶋真理子
菊判変型上製カバー装
86頁
2002.08.31刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス