出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本高木一惠句集『アダムの骨』(あだむのほね)
書籍詳細

高木一惠句集『アダムの骨』(あだむのほね)[9784894021518]

販売価格: 2,621円 (税別)
[【在庫切れ】]
第1回中新田賞スウェーデン賞受賞!

◆露の世のきらめき
露の世の砂積みあげし銀閣寺
銀閣寺の庭には、銀沙灘と向月台という二つの盛砂がある。それは無論、海から生まれたはかない命の、造化の根源への熾烈な帰依を象徴している。だから、この露の世に砂を積みあげる。積みあげ続ける。すると、どういう事が起こるか。白く乾いた砂が、しだいに輝きを増す他界からの光を吸ってついに銀沙と化し、まさに落ちようとしてふくれあがっている葉末の露が、命そのもののきらめきとしてこの世に現前するのである。
(帯より)


◆帯選出十句より
魚は氷に上り風切るクピドの矢
折りとれば風の貌なり山辛夷
紅しだれ土に触れゐる雨夜かな
径よぎる水の流れや春の闇
ぼうたんの昼の乾きの愁ひかな
夜半も降る蝉のしぐれや恋熄まず
宵闇やわれより熱き犬の胸
下総のアダムの骨や月祭る
露の世の砂積みあげし銀閣寺
疲れたる鳥もあるべし小夜時雨


[たかぎかずえ(1942〜)]
帯:眞鍋呉夫
装丁:伊藤鑛治
四六判並製フランス装函入り
200頁
1996.02.18刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス