出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ2シリーズ自句自解II ベスト100 『酒井弘司』(さかいこうじ)
書籍詳細

シリーズ自句自解II ベスト100 『酒井弘司』(さかいこうじ)[9784781412313]

販売価格: 1,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆必読入門書
既刊句集より自選ベスト100句に解説をつけた入門書。
代表句が網羅され、それがどのように生まれたか知ることができる魅力的な一書。

◆収録作品
柊の花にさわればわれも水

家から坂道を下り、尻久保川の橋を渡って、小さな坂を登ると、懇意にしている農家がある。
その農家の庭先、道に面して柊の木がある。ふだんは誰も見向きもしないが、十二月のはじめになると、きまって花をつける。香りのある細かな白い花がいちめんになってつく。
この頃、散歩をしていて柊の花を見るのが楽しみの一つ。いつもその花に声をかけてゆく。
(句集『谷戸抄』平成二十五年)

◆「私の作句法」より
一見、俳句という最短定型詩は、だれにも書けるように見えて、それは多くの俳句に惹かれた人を裏切っているのかも知れない。もっと言えば、俳句をつくる多くの人が、俳句形式によって裏切られているという事実。そのことを知らずに作句することは無残でもある。まず、俳句は言葉で「書く」という自覚をもつべきである。
季語にしてもそうなのだ。もともと季語は、長い歳月を経て蓄積されてきた詩語であるが、その季語を約束として、あれこれ考えずに使っている。いま一度、季語を言葉として捉えなおしてみては、どうだろう。それは詩語としての季語。季語を純粋に一個の言葉として考えなおそうとする、季語の象徴力の充実を指向するものである。そのことが、詩語を自ら自覚して掴みとると言う営為にもつながってゆく。
その先に無季という視野も見えてこよう。



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[さかいこうじ(1938〜)「海程」創刊同人、「朱夏」主宰]
装丁:和兎
四六判変形ソフトカバー装
218頁
2019/12/1刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス