出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ2シリーズ自句自解II ベスト100 『渡辺純枝』(わたなべすみえ)
書籍詳細

シリーズ自句自解II ベスト100 『渡辺純枝』(わたなべすみえ)[9784781412269]

販売価格: 1,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆必読入門書
既刊句集より自選ベスト100句に解説をつけた入門書。
代表句が網羅され、それがどのように生まれたか知ることができる魅力的な一書。

◆収録作品
炭が火となりゆく匂ひきりぎりす

炭が火となりゆく匂ひ」までは現実であったが、「きりぎりす」は付けた。
火のような赤い物に、きりぎりすの青を置いてみたかった。
(句集『環』二〇〇五年刊)

◆「日常という事」より
俳句を詠むという事は、自分の日常を詠む事です。と私は言い続けて来た。とてもまともな生活をしているとは思えないほどに、諸々の日常に手抜きをしている私ではあるが、昨秋から体調を崩しながらの中で、行った事を数えると、十一月に年内最後の庭の枯芝を刈り、十二月には障子を貼った。一月は庭木達に寒肥を撒き、薔薇の剪定をする。年に三回や四回の消毒も欠かさない。秋の内に、春咲きの花の種を蒔き、球根を植える。実を付けない柚子の木の成り木責めも行った。すると、翌年沢山の実を付けてくれた、そういう事もあった。そのどれもが実に楽しい。こうして、ささやかながら、まだ私の生活の中に季語が生きている。少し草臥れもするが、生活とは手間がかかるものなのである。



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[わたなべすみえ(1947〜)「濃美」主宰]
装丁:和兎
四六判変形ソフトカバー装
220頁
2019/10/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス