出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本佐藤海句集『瞳の色』(ひとみのいろ)
書籍詳細

佐藤海句集『瞳の色』(ひとみのいろ)[9784781412191]

販売価格: 2,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集

玄帝の瞳の色に晴れわたる

鮮やかな比喩である。これによって、あたかも空全体が神の瞳であり、それに我々人間が見下ろされているかのようなスケールの大きさも出てくる。感覚の冴えと壮麗さとを兼ね備えた堂々の一句である。
(序・村上鞆彦)

◆自選十二句より
かなかなや砂にまみれて子の玩具
吾子の手を飛びだす香あり蕗の薹
臘梅や胸に棲みたる人ひとり
春の夜やつるんと落つる絹肌着
雨の香の残る蒼天入学す
鳥帰る赴任三年の岬の上
熱の子の視線絡まるラ・フランス
おかへりと母言ふ菊の揺るる中
白梅の中の紅梅母狂ふ
十月の陽の匂ひして子供たち



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[さとうかい(1959〜)「南風」所属]
序:村上鞆彦
装丁:君嶋真理子
四六判並製カバー装
210頁
2019/10/19刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス