出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム詩集 > 単行本♥♤♦♧詩集『空の間』(そらのあわい)
書籍詳細

♥♤♦♧詩集『空の間』(そらのあわい)[9784781411644]

販売価格: 3,000円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆作品紹介
午睡がおわった。
浜へ出る。
日の傾きはおそい。
虹をとかした白線がうちおろす。
白砂が靴底へからみ、こぼれる。
かまってほしい子どもらを蹴飛ばしてゆくように、
無下にあしらう残酷さのきざしに、
淡い快をも感じたりしつつ。

海鳴りは飽きた。
ときおりここへくる人は、みんなこの青い水たまりに感嘆する。
辺境の故郷への幽閉はひどくおそれるくせに、
ときおりなぜか幸福げにおとずれはしゃぐ帰郷者たちのように。
なつかしいのだろう。
時々ということ。つかの間のアバンチュールのごとき余裕が、
そうした酔いと感傷じみた想いにさそうのだろう。

風がうっとうしく、肉や血や記憶の匂いをはこび、
望みもしないこちらの顔にたたきつけてゆく。
焼けた砂をときおりなだめにくる汀では、
小麦色のサルたちが奇声をあげ、宙にビーチボールをうつ。
帝国末期の銀貨幣の髪色した女は、せわしなく水着のずれをなおす。
裸と大差ないんだから、どうせなら脱ぎ捨てればいいのに。
おサルさんみたいで、おサルさんにもなりきれない……
それが悩ましいトコロ。
顔がかくれるほどにガムふくらませ通りすぎた。
しぼむ途中はじけ、鼻のあたまにネーブルの香りはりつき、ちぎれる。
明日は雨がくるだろうか。
ひけらかす陽をあおぐ顔をつまさきへ。
文明の轍のように、くつは砂を蹴散らしてゆく。



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon


ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[♥♤♦♧(Heart spade dia club)]
装丁:和兎
菊判ソフトカバー装
208頁
2019/5/1刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス