出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本鳥海壮六句集『梅暦』(うめごよみ)
書籍詳細

鳥海壮六句集『梅暦』(うめごよみ)[9784781411606]

販売価格: 2,700円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
篤実という言葉が鳥海さんほど似合う人を他に知らない。

南に海ある町や忘霜

「南に海ある町」とは鳥海さんの暮らす小田原のことだ。鳥海さんと私が師事した藤田湘子の生まれ育った町でもある。昔から避寒地として知られる小田原に、ある朝遅霜が降りた。忘霜の季語を配してこそ、「南に海ある町」が生きてくる。
(序より・小川軽舟)

◆小川軽舟選
噴水を集合場所に決めて散る
朝顔や藍の作務衣の新しき
水馬なんにもなくて杭ひとつ
南に海ある町や忘霜
虻とべり尾崎一雄の表札に
波高く父の日の沖暮れにけり
余震またあり魚屋の蜆桶
大寺の筍飯に忌を修す
石蓴搔く戦艦大和沈みし日
雲の峰戦死の兄の葉書燃す



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[とりうみそうろく(1934〜)「鷹」同人]
序:小川軽舟
装丁:和兎
四六判ハードカバー装
222頁
2019/3/28刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス