出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本関千賀子句集『翅音』(はおと)
書籍詳細

関千賀子句集『翅音』(はおと)[9784781411507]

販売価格: 2,500円 (税別)
[在庫わずか]
数量:
◆第一句集
さくらの夜エンドロールの微熱かな

折からさくらが咲く夜の昂ぶりに今しがたまで見ていたドラマの余韻は「微熱」となって後を曳く。
千賀子俳句を読み感じる情感を喩えて表現するならば「エンドロールの微熱」のようだ。
(序・宮坂静生)

◆自選十三句より
春雪嶺木霊となれる子等の声
やすらぎて土に触るる日冬はじめ
薔薇芽吹く騎士は決闘免れず
種蒔やわが傍らのヘッセの書
自転車に下げる鶏冬の暮
大いなるメコンの濁り年暮るる
早春や三津の渡しに鴎乗り
北上川の燕となりて帰り来よ
流れゆく花も芥も輩に
翅音して父の来てゐる辰巳かな



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[せきちかこ(1948〜)「岳」同人]
序:宮坂静生
栞:小林貴子
装丁:君嶋真理子
四六判並製クータ・バインディング装
194頁
2019/2/6刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス