出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム評論・エッセイ・小説 > 評論熊瀨川貴晶著『永遠の星座―文芸の哲学的基礎』(えいえんのせいざ)
書籍詳細

熊瀨川貴晶著『永遠の星座―文芸の哲学的基礎』(えいえんのせいざ)[9784781411385]

販売価格: 2,500円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆新進気鋭の評論集
哲学と宗教と俳句の一致

高校時代からずっと西田幾多郎の『善の研究』を読んでいました。
その中の純粋経験に関する記述を読みながら、これはもう大峯あきらの俳句の世界そのままだ、大峯あきらの俳句に対する考え方そのものだと思えるようになってきました。三十年越しに『善の研究』と真に出会えたような感覚になったのです。
(「大峯あきら論」より)

◆目次
松瀬青々論――その現代的意義
飴山實論――『花浴び』試論
飯田龍太論――『遲速』試論
文芸の哲学的基礎――大峯顯『フィヒテ研究』を読む
大峯あきら論――その哲学的系譜
(収録句索引付き)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[くませがわたかあき(1972〜)「白茅」「晨」所属]
装丁:君嶋真理子
四六判ペーパーバックスタイル
144頁
2018/1/30刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス