出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム第一句集シリーズ池田瑠那句集『金輪際』(こんりんざい)
書籍詳細

池田瑠那句集『金輪際』(こんりんざい)[9784781410807]

販売価格: 1,700円 (税別)
[在庫わずか]
数量:
◆第一句集シリーズ/I
花散るや金輪際のそこひまで

「金輪際」の語をなぜ作者が集名に選んだか。それは散る花によって亡夫の魂を鎮めようという思いと作者が夫の死後も強く生き抜こうという意志からではなかったかと思っている。
(序より・小澤實)

◆自選十句
桜より燃えうつる火やおのれへと
花散るや金輪際のそこひまで
走るまへ腿よく叩く桜かな
東京の闇はむらさきちちろ鳴く
竜宮城洗つて金魚鉢に戻す
玉くしげ箱根に得たる檀の実
月に躁ぐわが細胞や六十兆
君逝きし世界に五月来たりけり
葉桜や鋲に閉ぢたる検死創
我よりの賀状も君が遺品なる



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[いけだるな(1976〜)「澤」同人]
序:小澤實
装丁:和兎
A5判ペーパーバックスタイル
72頁
2018/9/8刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス