出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム評論・エッセイ・小説 > 評論四ッ谷龍著『田中裕明の思い出』(たなかひろあきのおもいで)
書籍詳細

四ッ谷龍著『田中裕明の思い出』(たなかひろあきのおもいで)[9784781410500]

販売価格: 2,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆評論集
講演「夜の形式」を収録。田中裕明の角川賞受賞の言葉をフッサールの現象学による解読を試みた意欲的な田中裕明論である。ほかに「取り合わせ」「音韻」などさまざまな視点からの田中裕明論を収録。創作という行為をとおして人はいかに未知なる領域に近づき得るか、芸術の奥義にふれた評論集である。

裕明を前にすると、何だか美しい花を見ているような感じがして、彼を眺めているだけでうっとりした気分になれた。(略)彼とともに時間を過ごすと、急にひろびろとした場所に出たようななつかしさを感じたものであった。
(本文より)

◆目次
I 田中裕明の思い出
田中裕明の点睛─句集『夜の客人』読後
田中裕明の思い出
田中裕明と私
正月四日を迎えた今日は

II 講演「田中裕明『夜の形式』とは何か」
田中裕明「夜の形式」とは何か

III 田中裕明の俳句
良質の言語感覚
田中裕明句集『櫻姫譚』
未見の母郷を目指して─『櫻姫譚』のころ
魚と鳥と ─第三十七回俳諧時雨忌連句会の句座にて
空虚の中のかたち─田中裕明句集『先生から手紙』を読む
取り合わせと俳句
五周年
土星の輪の下で ─『先生から手紙』から『夜の客人』まで
サンドイッチ韻とAABB形式
存在の背後に横たわる未知なる世界



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[よつやりゅう(1958〜)個人誌「むしめがね」編集発行人]
装丁:和兎
四六判ソフトカバー装
190頁
2018/8/20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス