出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本津久井紀代句集『神のいたづら』(かみのいたずら)
書籍詳細

津久井紀代句集『神のいたづら』(かみのいたずら)[9784781410579]

販売価格: 2,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第四句集
蝌蚪の紐神のいたづらかも知れず

地球上のすべて、今私がここに存在することも、詩を書くこともすべて神のいたずらのように思える。
17年間の作品を収録した待望の第4句集。

◆自選十五句より
火星まで水を探しに旅始
野の石が一遍の墓小鳥来る
春眠の子が春眠を蹴つてをり
青草を摘む鬼婆とならぬやう
東京に富士見ゆる日や種おろし
あめんばう水輪いくつ作れば死
大虚子も母も駄々つ子椿餅
魂あるとせばこの一本の夕櫻
晩夏光日曜だけの道化師に
東京は終の止まり木黒ビール



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[つくいきよ(1943〜)]「天為」「枻」同人
装丁:和兎
四六判並製カバー装
194頁
2018/8/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス